八倉 御荷鉾峰の南側に位置する橋倉川谷の山岳集落

群馬県
神流町
(旧中里村)
平原
八倉




交通






八倉





2007.11.23
旧中里村(神流町)は利根川支流神流川の上流部の農林業・養蚕が盛んだった村である。東西に流れる神流川と鏑川・南牧川との間には、群馬長野県境の十石峠付近から西御荷鉾山に連なる御荷鉾の峰がある。平原八倉(ようくら)集落は、御荷鉾峰の南側に位置している山腹の集落で、北側にも同様の地名と形態の平原集落(下仁田町)があって不思議である。
11月末の午後2時ころ訪れたが、人家のみられない日陰で暗い橋倉川の谷底を上っていく。やがて道は斜面を駆け上るようにヘアピンカーブを描くようになり、山腹に出て視界が広がる。そこには先人達が求めた焼畑農業に適した場所に集落や畑が耕作された、見事な山岳集落を見ることができる。
八倉集落から橋倉川谷を眺める。八倉集落と耕作された畑は見事なまでに日当たりのよい緩斜面が選択されている。
(上)

八倉集落入口から見上げる。道路はものすごい急勾配。(左)

斜面は山岳集落にしては緩やかなので道路が斜面に対して垂直に付き、屋敷地の配列にはあまり規則性が見られない。
母屋と蔵が縦列に配置された家。
上州らしい養蚕の行っていた出桁せがい造の民家。
墓地は集落横の谷を見下ろす見晴らしの良い場所にあった。墓地から集落を見る。
参考資料 リンク
神流町

参考文献