水窪大野 天竜川の支流水窪川に面する斜面中腹の集落

静岡県
浜松市天竜区
(旧水窪町)
大野






交通








大野



旧水窪町は静岡県の天竜川州域の最奥の村である。水窪川は赤石山脈の中尾根山に発して南西流し、途中向きを南にかえ佐久間町西渡で天竜川に注ぐ。水窪の町や集落は、この水窪川とその支流に沿って形成されている。旧秋葉街道は秋葉神社(旧龍山村)から水窪を経て青崩峠を越えて信州遠山郷(長野県南信濃村)に入り、北上して遠山郷にいたる。海から内陸部へと塩が運ばれた塩の道である。
水窪川の刻んだ峡谷は深く、町は僅かな平地に形成されているものの、殆どの集落は斜面の中腹に立地する。産業は林業製糸業が盛んであったが、今ではお茶の生産によって各農家の生計が立てられている。集落の形態は、信州遠山郷から龍山村へ繋がる南アルプス山塊の「天界の村」である。

大野集落(上、左上)

旧水窪町の集落(左)
旧水窪町の集落(左)
参考資料 リンク
浜松市

参考文献