平山 天竜川中流部の東岸緩斜面に連続する天界の村

静岡県
浜松市天竜区
(旧龍山村)
下平山
上平山






交通








下平山
静岡県旧龍山村(現浜松市天竜区)は、天竜川の中流域にあたる大きく深い谷に展開する村である。天竜川は急流であるため谷底は水害を恐れて集落は形成されていない。反面、谷の斜面の中腹に集落が形成されている。天竜川が南北に流れるため面する斜面は東向きと西向きになる。谷は空が広く日当たりが良い。したがって、斜面上の集落は両斜面に向かい合うように形成されている。集落の殆どが静岡県らしくお茶の生産を行っているので、斜面は美しい緑のじゅうたんとなる。
天竜川の東斜面には下流側から下平山、上平山と集落が連なる。中腹の道は旧秋葉街道であり、秋葉神社から長野県遠山郷を経て高遠まで通じている。

天竜川は秋葉ダムで堰止められ、細長い湖となっている。東斜面に下平山から上平山にかけて集落が連なる。(上)
集落は茶畑に家が埋まるように見える農村。(左、左下)

下平山から対岸の瀬尻集落を臨む(上)
下平山集落を対岸の瀬尻から臨む(下)
下平山の民家。
下平山の民家。
茶畑は等高線に従って植えられているので美しい曲線となる。

天竜川と両岸の集落(下)
参考資料 リンク
浜松市

参考文献