勝連浜 琉球祖神がすむと伝わる島の半農半漁の集落

沖縄県
うるま市
勝連浜





交通






勝連浜




2015.05.24



浜比嘉島は、沖縄本島中部東側にある勝連半島から東方海上4kmにある島。浜比嘉という名は、浜と比嘉という二つの集落名を合わせて付けられた。農漁業を中心に生活する。琉球開闢の祖神アマミキョとシネリキョの神々が住む島として伝えられ、沖縄本島内外から多くの参拝者が訪れる。海中道路と浜比嘉大橋によって、平安座島を介して本島とつながっている。(参考「シマダス」)
平安座島との間の静かな海に面して、浜漁港があり平地に集落が形成されている。区画は沖縄の集落らしく整然としたもの。瓦葺の木造民家や切石による石塀も多く残されている。
勝連浜の町並み
勝連浜の町並み
勝連浜の町並み
勝連浜の町並み
ヌン殿内
勝連浜の町並み
勝連浜の町並み
民家カフェ
勝連浜の町並み

勝連浜の町並み
参考資料 リンク
うるま市

参考文献