壱岐勝本 湾の線形に沿って折れ曲がる長い漁師町

長崎県
壱岐市
勝本町
本浦





交通






壱岐勝本




2011.05.29

勝本は壱岐島(※)の北端にある古からの漁港。中でも聖母神社のある中折地区には平地型の伝統的な漁家集落が見られる。入り組んだ湾の形状に平行した道路が走り、それに面して間口が狭く奥行が深い民家が並ぶ構造を呈している。各家の間取りは通り庭を持つ一列型が基本で、一部に2階を載せている。浜に面した家の通り庭は共用の通路だった。構成する民家の中には、木造3階建てや煉瓦の袖壁を持つ塗籠造りの民家もみ見られた。

※壱岐島(いきのしま)は、九州北部福岡から67km、玄界灘に浮かぶ夢の浮島「壱岐」。古来、対馬島とともに日本と朝鮮半島・中国大陸との交通の要路にあって飛び石的な存在として重要視されてきた。寛仁3年(1019年)の刀伊の来寇、文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)の2回にわたる元寇で大きな被害を受けた。元亀2年(1571年)平戸の松浦氏の所領になり、江戸時代は平戸藩に属していた。地形は比較的なだらかで耕地比率も高く、全体の約34%を農耕地で占めている。また、現在では、九州北部の奥座敷として根強い観光人気がある。
中折地区の聖母神社(左)

中折地区は間口の狭く奥行の深い民家がぎっしりと詰まって連続する漁村集落だ。(上)
 

勝本の町並み

勝本の町並み 

大久保本店という商家はこじゃれたレストランになっていて町の人に人気のスポットのようだった。(上)
高台にある金毘羅宮の俯瞰(左)

勝本の町並み
中心部にあった木造3階建ての旅館


煉瓦の袖壁を持つ2階塗籠造りの民家
参考資料 リンク
壱岐市

参考文献
「日本の民家U」平凡社