壱岐
郷ノ浦
壱岐島の玄関口として栄えた行政経済の中心地

長崎県
壱岐市
郷ノ浦町
郷ノ浦
本村触





交通

博多港より高速船・フェリー郷ノ浦港下船





芦辺町郷ノ浦


芦辺町印通寺





2011.05.29

郷ノ浦は、壱岐島の中心であり博多港からの高速艇やフェリーの発着する島の玄関口のひとつである。郷ノ浦港からの入り江のようになっている永田川の河口岸に郷ノ浦の町は形成されている。入り江最奥部には金融機関や電話局など公共的な建物が集まっており、東岸の塞神社の前にあたる「宮の通り」が商店街。商店街は南が夜の飲食店街、南が物販店舗街で、そこから行政機関が集中する北の高台へ通じる道に比較的揃った古い町並みが残っている。

※壱岐島(いきのしま)は、九州北部福岡から67km、玄界灘に浮かぶ夢の浮島「壱岐」。古来、対馬島とともに日本と朝鮮半島・中国大陸との交通の要路にあって飛び石的な存在として重要視されてきた。寛仁3年(1019年)の刀伊の来寇、文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)の2回にわたる元寇で大きな被害を受けた。元亀2年(1571年)平戸の松浦氏の所領になり、江戸時代は平戸藩に属していた。地形は比較的なだらかで耕地比率も高く、全体の約34%を農耕地で占めている。また、現在では、九州北部の奥座敷として根強い観光人気がある。
郷ノ浦港から永田川の河口にかけての入り江に面して町が形成されている。
入り江の西側は旅館やホテルがある町並み。(上、左)
入り江西側の町並み
入り江東側の町並み
この辺りは夜の飲食店街。背後の丘の上は壱岐高校。
塞神社前の夜の飲食店街
塞神社前の夜の飲食店街
塞神社前の物販店街
勝本方面へ向かう道路に面する町並み
商店街から行政機関の集中する高台へ通じる道に比較的揃った古い町並みが見られた。
参考資料 リンク
壱岐市

参考文献