野毛
曙町
黄金町
みなとヨコハマの盛り場 川を挟んだ2つの町

神奈川県
横浜市
中区
若葉町
野毛町
宮川町




交通

JR根岸線関内駅下車
市営地下鉄伊勢佐木長者町駅下車


国道16号線



曙町


野毛
横浜の根岸線(桜木町〜関内)の東側はビジネス街や港湾機能だが、西側一帯は盛り場である。桜木町駅の西側は野毛、関内駅の西側は伊勢佐木町、曙町。大岡川を境に盛り場が形成されている。
伊勢佐木モールと国道16号線の間の通称「親不孝通り」には、かつてのカフェー街時代の建築が残っている。戦後カフェーのほとんどは現在住宅地になっている場所が多いが、ここ曙町はカフェー街時代の建物が風俗店として活躍しているものも見受けられて珍しい。
宮川橋の袂にあるグラブ長屋。大岡川の円弧に沿った2階建ての長い長屋にクラブがひしめく。
大岡川のクラブ長屋の内側。日本広しといえど、このような建物は珍しい。
大岡川の北側は飲み屋街の野毛。桜木町に近いエリアは新しいビルが目立つが、川沿いや駅から離れた宮川町には木造の飲み屋やクラブが密集する。
野毛の一角に残っていた和風建築。
曙町の路地。戦後のカフェー街を髣髴とさせる一角。木造のカフェー街建築が現役の風俗店として営業していた。
親不孝通りを西へ進むとだんだん風俗店が少なくなり、かつてのカフェー建築が姿を現す。
親不孝通りが細くなったあたりの町並み。一見アパートだが、1階玄関周りの装飾や2階窓開口部の大きさがその証し。
カフェー街時代の建築が風俗店として現役使用されている。
「あけちょ」の最西端の長屋。飲み屋が集まっていた。(左) 




黄金町の特殊飲食店の長屋(左)

黄金劇場(上)
参考資料 リンク
横浜市

参考文献
『赤線跡を歩く』 木村聡 自由国民社